兵機海運

  • BE KOBE

トップページ > 危険品倉庫 兵庫地区に建設中

兵庫埠頭に危険物取扱営業倉庫 建設開始 2020年1月中旬ごろ営業開始!


 当社は2020年1月より、神戸港(兵庫地区)で危険品を保管・取扱いできる倉庫を新たに開設致します。
 阪神港では今日、化学品メーカーの原料や加工製品の荷動きの活発化、危険品への取り扱い市場の成長が見込まれます。  
 また危険品に対する企業コンプライアンスの取組みが重要視されるなか、当社は荷主ニーズに応えるべく、昨年9月稼働
 の当社姫路地区危険品倉庫に次ぎ、神戸港でも展開を予定しております。
 新設兵庫倉庫は危険品倉庫の他に普通品倉庫を開設、公共岸壁に隣接する立地を活かし、内航船・外航船利用での「倉庫
 〜本船の一元荷役体制」を提供し、神戸港の更なる発展に寄与して参ります。

兵庫危険品・普通品倉庫 完成イメージ


新倉庫外観


兵庫新設倉庫立地図


立地図 【新設兵庫倉庫仕様】
 敷地面積: 15,394.23u
 建設面積:  6,900.25u
 延床面積:  9,226.85u
 一般倉庫:  7,229.25u
  2F:2,957.99u(床荷重2ton/u)定温庫15℃ 752.52u 
     指定可燃物倉庫常温 752.52u
  1F:3,819.00u(指定可燃物液体類)
 危険物倉庫A棟 :998.80u(屋内貯蔵所 2類常温/
          4類 定温 +5℃ 2室 +15℃ 2室 )
           *将来5類対応予定
 危険物倉庫B棟 :998.80u(屋内貯蔵所 4類)
 付属設備:   リーファー電源(440D/220D)X5
         2tオムニリフター X1
         4tモリヤ昇降機 X1
竣  工 : 2020年 1月
環境対応 : CO2排出軽減緑化(屋上5% 敷地10%)
BCP対応: 非常用発電設備完備(緊急災害時)・防潮板設置